100円ラブドール

【オナ日記4】進撃のラブドール

これはもはやラブドール界の発明ではないか?

この日は私の半生において指折りのスペシャルDAYだったと思う。
画像を御覧いただいて分かる通り、自作ラブドールの質が跳ね上がったのだ!
※ラブドールの結論レシピを知りたい人は、こっちね。 → https://onapara.com/100yen

見て欲しい、このはち切れんばかりの乳房を。
風船に水を入れたものを購入したキャミソールで包んだだけなのだが、ものすごい本物っぽい!!
しかも、水の重みで乳房がゆっさゆっさと揺れる揺れる!
揉んだ時の弾力も少し張りが強い10代の乳房といった感じだ(10代の乳は知らんけど)

キャミソールを買ったのが正解だった

出張で東京へ行くことになった。
たまたま入ったドン・〇ホーテで売っていた激安キャミソールを勇気を振り絞って購入してみた。

買ってみて気付いたのだが、別にフツーに買える。
そりゃレジの人は一瞬ためらったかもしれないが、ごく当たり前のように会計を済ませることができて拍子抜けた。
後でネットで調べて分かったのだが、ドン・〇ホーテで女性下着を買う男性は結構いるようなのだ。
このことは私に大いに勇気と力を与えてくれたのだが、それはもう少し後の話となる。

本筋に戻ろう。

自作ラブドールのキモはボディー素材である。
正直、視覚的にストッキング素材の限界を感じていたので、次なる素材として目を付けていたユ〇クロのヒートテックで試すことにした。
結論から言うと、ストッキング時代から一気に躍進した感じだったのが、その斜め上をいったのがキャミソールだったのだ。

以下、順番に記録していきたいと思う。

男性用の下着だから初心者はここから始めよ

枕にヒートテックを着せ、水を入れた風船を乳房代わりにセットする。
ズレないようように安全ピンで固定。
するとどうだろう?

こちらは江戸時代のラブドール

そして、今回の作品。ホテルの浴衣を着せてみた。

あまりのクオリティーの高さに震えた。
おいおい、人類に風俗なんてもういらないじゃん!

薄目で見れば、まるっきし女だ。
自分が好きなようにできる裸の女が転がっている。

興奮する気持ちを抑えつつ、ラブドールにTENGAを固定した。
そして、今回の初アイテムであるお面だ。
臨場感を出すためにエロ本を切り抜いて持参したのだ。(一応、目線を入れておく)

早漏を克服しようと決めた

ひどく興奮する自分を感じながら、初めて挿入したとき、心の底から震えがくるようなエクスタシーを感じた。
遅咲きの私は女性経験がほぼ皆無。
そんな私にとって、得も言われぬ興奮の波が一気に押し寄せてきた。
遠い記憶をたどると、マジで本物のセックスをしているようだと思った。

あの時は挿入直後にすぐにイッてしまい、それが原因で別れたこともあった。
そんな暗い過去を思い出した。

そして思ったのだ。
ラブドールなら好きなだけ射精できる!
こいつでセックスの練習をして早漏を直し、ちゃんと恋愛できる体にしようと。

つづく・・