100円ラブドール

【オナ日記10(動画)】巨乳OLラブドールに中出し

巨乳OLラブドールに中出しを妄想

今回はより臨場感を出すためにエロ本の切り抜きを添えてみた。
たったこれだけで欲情の起こり方が激変する。

例によって妄想を膨らませる。

コインランドリーでナンパしたFカップOLのF子。
乾いたばかりの下着を早速濡らし、私のペニスを受け入れる。

だらしなく開いた口からは何度も「アッ、アッ、いい、イク、あ・・イクっ」と漏れる。
一度ペニスを抜き、てらてらと濡れたマンコを拝んだ。
大陰唇の毛は精液にまみれ光り、白濁した液体が垂れている。

恍惚した表情のF子はもう終わりなの?と懇願する視線を向けた。
満足なわけないだろ、これからだよ。
私は無言で再度、ペニスを開ききったマンコに押し当てた。勢いよく刺さる。
「あぁ・・・・・」顔をしかめ長く喘いだF子は自ら腰を振り始めた。
やべえ、イキそうだ。

「膣内に出すぞ!」と小声で宣言すると、F子はハッと目を開き、「だめ、膣内はダメ、やめて出さないで!」と慌て始めた。私の息子を外に出そうともがくが私は力いっぱい押さえ込んでいる。
F子はひたすら中出しは止めて!と叫ぶが、次第に自身の喘ぎ声に押されたのか言葉数が減ってきた。
快楽に負けたのか小さく「やめて・・」と囁いたのを最後に私に身を任せた。

果てた後、F子のマンコから抜き取ったペニスには私の精子がべっとり。
マンコから白い糸を引きながらベッドのシーツに染みを付けた。

力尽きたF子は快楽に溺れた女の表情でそのまま横たわっていた。
妊娠するかもしれないのにな、馬鹿な女だ。