100円ラブドール

【オナ日記5】ドール用ブラジャーを作ってみた

今ひとつ感ハンパないブラジャー

正直に言おう、これは失敗作だ。
ウォッシュタオルにラッピング用ヒモを短く切り、それを安全ピンで留めただけのものだが、想像では相当行けるのではと期待感があった。

だが、どう見ても下着には見えん。
今なら躊躇なく本物のブラジャーを付けるのだが、許してくれ当時はまだ本物を買う度胸が無かったんだ。
一応出張なので、もし、何かの拍子に荷物の中身を見られた時を恐れてビビりが入ったのがいけなかったようだ。
よし決めた。次は絶対、本物のブラジャーを買うぞ!

ソレっぽく撮ってみた。
すると何となくエロさが出てきたぞ。

これは顔の方(上側)から見た感じ。
ちょっとイイ感じじゃない?

キャミソールの破壊力!

そういえばキャミソールを買ってきたのだった。
とりあえず付けてみるか・・

おぉ~~~~~っ!
ソレっぽくなるじゃないか!

ちなみに風船には水を入れてあるので揉むと弾力があり、ピストンすると上下に乳房が揺れ、中の水がピチョンピチョンとイヤらしい音を立てる。
その時、ふと気付いたのだ。

ヒートテックじゃなく、キャミソールの方が伸縮するぞと。
しかも本物の女の肌と同じような色だ。
何事もテストが必要と思い、ヒートテックを脱がし、裸の枕にキャミソールを当ててみた・・

空前絶後のリアル感!これぞラブドールだ!

何これ、おっぱいじゃん!

すぐさま安全ピンで固定し、ラブドール化すると、そこに横たわるのはリアル感MAXの裸体が・・

乳房のボリュームを出すために帯を下に入れるなどすると、より巨乳感が強調されて趣深い。
明日は大切な打ち合わせがあるにもかかわらず、そんなことよりも目の前に起こっている発明を前に私は震えていたのだった。

この晩、私は興奮しすぎて殆ど一睡もできなかった。
当然のことながらTENGAの中に何度も射精をしまくった。
ピチョンピチョンという乳房が揺れる度にする音に敏感に息子が反応し、中学生のように何度もアホみたいに射精したのだった。

明日の打ち合わせ、どうすんだ?と思いつつ・・(笑)